社員が自立的に変化した、私の会社の事例

愛知県刈谷市にある私の会社、株式会社梶川土木コンサルタントでの「働き方改革」事例をご紹介します。会社は昭和49年創業。事業内容は、道路や河川などの公共インフラの測量・設計や橋梁などの点検、調査を行っています。

 

取り組んだきっかけ

働き方改革以前の会社は、以下のような状態でした。

  • 長時間労働は当たり前、徹夜の連続もあった
  • プロジェクトごとに担当者を設定し、業務の属人化が顕著
  • 上司が部下をマネジメントしない
  • 業務以外のこと(掃除やイベント)は余計なこと

そして、社員はこんな苦しみを抱えていました。

  • 一人で仕事を回すため、経験が浅くても自分で責任を負う
  • 相談できる上司がいない
  • 誰も手伝ってくれない
  • 一人で残業、休日出勤して仕事を回す
  • 結果、メンタル不調になる

「私自身も働きたいと思える会社ではない」–後悔と反省をし、ワークライフバランスに大きく舵を切ったのが2011年のことです。

 

具体的な取り組み

社員の意識改革に始まり、会議の大半を廃止、毎月の個別面談など、トップダウンの取り組みを実施。その後、社員相互が働き方や価値観を共有したり、楽しく働けるようチームでアイデアを出し合ったりと、約7年間にわたって取り組んできました。

具体的な取り組み

実際の取り組みの ごく一部をご紹介します。

集中タイム制度

掲示板の設置

全社サイクリング大会を平日開催

 

取り組みの成果

その結果、成果が数字となって表れたのです。

時間外労働時間81%ダウン

有給休暇取得率4倍

売上高経常利益伸び率204%

 

さらに、社員にも変化が見られるようになりました。

  • 社員が明るくなり、社内の風通しが良くなった
  • 社員が自発的・自律的に動くようになった

そして、経営者である私自身もHAPPYになり、社内での孤独感がなくなったのです。

 

社長が本気なら、社員も変わる

このように、私が提唱する「働き方改革×チームビルディング」は、社長も社員も幸せになり、さらに会社の業績までもがアップする画期的な取り組みです。

この変化は、偶然ではなく「技術」なのです。

たまたまこうなった、のではなく、プロセスに沿って、やるべきことをしたから得られた結果ということです。

私の会社だからできたのではありません。
あなたの会社にもできるのです。

社長が諦めたら、会社は変わりません。
社員のために、自分のために、本気で取り組んでみませんか?

お気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ