チームビルディング診断「ソコアゲ」

こんなお悩みありませんか?
◇社員がそれぞれ自分の仕事を抱え込んで、横の連携がほとんどない
◇指示されたことしかしない社員が多く、事業を任せられる次世代リーダーが育っていない
◇3年以内の退職率が高く、せっかく仕事を任せられるようになったところで人材流出する

そして、多くの場合、これらそれぞれを解決すべく施策を打ちます。が、効果が見られなかったり、また別の問題を引き起こしたり、ということが起こります。

なぜなら、目に見えていることは複雑な問題の一部でしかなく、解決すべきことは表面化していないからです。

このチームビルディング診断「ソコアゲ」は成果の出るチームの3つの視点、人材力・組織力・関係力において組織を可視化します。

そして、どこを強化すればよいのか、有効な打ち手がわかります。

実は、効果的な打ち手には明確な順番があります。「ソコアゲ」でそれを知り、的確な順番で打ち手を打つことによって短期間に成長できる組織に生まれ変わります。

4つのメリット
1.メンバーの「ホンネ」がわかる!
個人が特定されず本音が拾いやすいため、かゆいところに手が届く経営判断ができる
2.打ち手を納得しながら実践できる!
組織づくりの理論に基づいた診断で、打ち手を実践するメンバーからの納得感を引き出しやすい
3.ビフォーアフターがわかりやすい!
組織変化のビフォーアフターが可視化されるため、早期の軌道修正ができ、求める結果に早く
たどりつける
4.フィードバックしやすい
実践しながら組織運営、マネジメントの学習ができる、経営者にとって最高のフィードバック
ツール
5.組織の健康診断として最適
契約期間中の診断は無制限のため、予防としてのモニターにも使えます。

※診断結果をもとに有効な打ち手を判断する必要があり、診断結果とレポートをセットで受け付けています。

 

効き脳診断/研修

人は利き手、利き足、利き目などがあるように、脳にも効き脳があります。
効き脳というのは、考え方のクセのようなものです。

考えるときに脳のどの部位を使っているかは人によって違い、その部位ごとに考え方の傾向があるという理論(=ハーマンモデル)を使って診断/研修を行います。

これは適正診断ではなく、また、性格診断でもありません。組織改革を円滑に進めていくために知っておくと大変有効です。

効き脳Aは「理論・理性脳」で、理論的だけど理屈っぽい傾向
効き脳Bは「堅実・計画脳」で、理路整然としてるけど融通が利かない傾向
効き脳Cは「感覚・友好脳」で、感情的対人的だけど優柔不断な傾向
効き脳Dは「冒険・創造脳」で、創造的革新的だけど常識がないと言われる傾向

といった特徴があります。人によって単独優勢だったり、二重優勢だったり、三重優勢だったりします。

例えば、カフェを出店しようとしたとき、
Aの人は「採算とれるかな?」と考える
Bの人は「何人でやるのかな?店は回るのかな?」と考える
Cの人は「誰が店長になるのかな?」と考える
Dの人は「どんなスタイルの店にしようかな」と考える

といった具合に、同じ事象に対しても全く異なる考え方をするのです。
これが「人と人は違う」ということです。

お互いの効き脳が違うということをわかっていないと「あいつの言うことはわからない」とか、「なんで俺の言うことが理解できないんだ、イメージしろ」とかいう問題が起きます。

組織で起きているミスコミュニケーションの原因は、ほとんどの場合効き脳の違い(人と人は違うということ)を理解していないことだったりします。

[効き脳診断]インターネットを利用して、40問程度(10分程度)の質問に答えていただきます。
費用:3,000円(税別)/1人

[効き脳研修]受検いただいた効き脳診断結果をもとに、メンバーそれぞれの特徴を理解します。チームで結果を共有し、チームとしての効果的な仕事の進め方についてのワーク等を行います。

※効き脳診断結果を正確に理解していただくために、効き脳診断と研修はセットで受け付けています。

 ※「効き脳診断」は、フォルティナ株式会社がASP形式で提供するサービスです。
 ※「効き脳」「利き脳」は、フォルティナ株式会社の登録商標です。
 =ご参考:パートナー様サイト=フジコーポレーション様  http://i-leader.jp/

 

まずはお問い合わせ下さい

お気軽にお問い合わせください。受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

無料相談・お問い合わせ